読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

留学サッカー生活 inリヨン

僕とリヨン第3大学とOlympique Lyonnaisとメタルの話です。キモさ全開100%です。

Caf申請を完了させた話

 

ボンソワ。

 

 2016年が始まろうとしていますね。今頃紅白でもやっているんでしょうか。僕はまだ2015年真っ最中です。残り10時間楽しもうと思います。なお、なんとか年越しぼっちは回避する模様。

 

 

 

 2015年を振り返るべく旅行から帰ってきた後ブログを更新しようと思ったのですが、残念ながら再び病魔の手に落ちてしまいました(ひどい下痢に悩まされました)。せっかく記事を連投するチャンスだったのに残念です。

 

 

 

 

 

 ところで、ようやくCafの申請が終わり、僕の口座への振込が始まろうとしています。フランスへ長期留学しようと考えている、またしている方は必ず直面するであろうこのクソめんどくさい問題について少し。

 

  Caf (Caisses d'Allocation Familiales)はフランスに居住するあらゆる人に家族手当、住宅手当を支給する金庫です。まぁ留学生にとって関わりがあるのはほぼ間違いなく住宅手当のみでしょう。

 

 このCafによる住宅手当では、家賃のおよそ1/3程度の補助金を受け取ることができます。部屋の種類、大きさ、場所や奨学金をもらっているか否かなどで変わるので、正確に基準はよくわかりませんが。僕は家賃264€で93.1€をアロカシオンでもらっています(正確にはまだもらってない)。ただでさえ安いこの家賃、アロカシオンもらったら大変なことになる。シミュレーションは

CAF - Aides et services - Les services en ligne - Estimer vos droits - Le logement

から行うことができます。

 

 

 ただこの申請がめんどくさい。非常に面倒臭いです。面倒臭いの権化。面倒臭いの具現化。ただしかし金がもらえるならばどれだけ面倒くさかろうともやらなければいけません。つかやるでしょ。僕はこんな感じでようやく終わらせることができました。

 

 

 ①10月初めにオンラインで申請

日本のフランス大使館Twitterで「学生はオンラインだけで全て申請できるよ!」とかほざいていたのでやってみたらできなかった。なぜなら新規だから。2年目とかだったら全てオンラインでできるっぽいです。そしてこの段階で戸籍抄本のフランス語訳、パスポート(OFIIで正式なビザを取得したやつ)とAttestation de loyer(大家さんが書くやつ)の提出を求められました。OFIIの招集が10月終わり?だった僕はまだ手続きを完了させることはできないことが判明しました。

 

 ②Cafから手紙が来る

申請が終わってはいないものの、Cafから手紙が届きました。それには受給者番号?(Numéro allocataire)が書いてあります。ただまだ僕の書類が完全ではないからかログインはできません。

 

 ③戸籍抄本のフランス語訳を作る

在リヨン総領事館に頼みました。9€だかなんだかだった気がします。日本で法廷翻訳とか頼むより安いのでこっち来てから総領事館に頼むのがオススメです。ただ日本から戸籍抄本を持ってくるのを忘れたら詰みです。あと総領事館にどう入るかよくわからなくて、小一時間悩んだ末お昼休みの時間になってしまい、結果この記事を書くというアクシデントがありました。

ryonnais.hatenadiary.jp

ただインターホンを押せばいい話でした。笑

 

 ④Attestation de loyerをゲットする

これあらかじめ用紙をプリントして(ググれば出てくる)寮の受付の人にこれやって!て言ったらああ、これCROUS用のあるからいらないよ、後でポスト入れとくねって言われました。privéのappartment住んでる人はどうなのか知りません。でもあっさりやってくれました。

 

 ⑤OFIIを終わらせ、書類を提出する

パスポートなどをコピーして、提出しました。郵便で出すのは怖いので直接オフィスに出しに行きました。リヨンのオフィスはPart-Dieuのすぐ近くにあります。入ってすぐのところにポスト的なものとはがきが置いてあるのでそれに入れて、あと名前と内容物(一応)を書きました。

 

 ⑥待つ

待ちました。だいぶ待ちました。

 

 ⑦Cafから再び手紙が来る

12月の終わり、旅行から帰ってきたところCafから手紙が届いておりました。パスワードが記載されていて、無事自分のアカウントにログイン、申請は完了、後は振込を待つのみとなりました。ちなみに最初に入居した最初の月(僕は9月分)はなぜかもらえません。10月、11月分は12月分とまとめて振り込まれる模様です。

 

 

 

 という長尺の戦いとなりましたが、その理由はフランス安定の緩さ(怠慢?)のみならず僕自身もスムーズに作業を行えなかったということもあります。ということでこれからCafの登録を行うみなさんは

 ①戸籍抄本のフランス語訳を作り、Attestation de loyerを手に入れ、OFIIでビザを有効化させる

 ②Cafに書類を提出

 ③待つ

という手順で行ったらうまくいくかなぁと思います。書類に不備があると長引くそうなのでご注意を。

 

 

 

 まぁこの面倒臭いのもお金をもらうためです。頑張りましょう。こういうとこやはりフランスは学生に優しいと感じます。物価は高いけど。東欧安かったな〜

 

 

 

 

 ということで久々真面目な投稿でした。笑

 

 以上乱文失礼しました〜〜

広告を非表示にする